MENU

DEBUGSCOPE - MSDB01R

MIZOUE PROJECT JAPAN with RORZE
Scroll

DEBUGSCOPE

オシロスコープ機能
オシロスコープ機能は、電圧レンジの設定、時間レンジの設定、トリガの設定、オートスケールなどオシロスコープとしての基本機能の他に、下記のような様々な機能があります。
スペクトログラム
FFTトリガ機能
X-Yリサージュ
周波数の時間的変化や特徴を見ることができます。横軸は周波数、縦軸は時間、輝度が周波数成分の経時変化を表します。 周波数範囲とレベルを設定し、シングルトリガを行います。FFTトリガを使用すると、特定の周期がトリガレベルを超えたとき、ピンポイントでトリガをかけるこができます。 CH1をX軸、CH2をY軸に表示し、チャンネル間の位相を見ることができます。
確認したい信号を簡単に検出
FFTビューア表示画面内の「チェックボックス」にチェックすると、IFFT(逆FFT)機能を使用できます。カーソル操作で周波数範囲を設定して、メイン画面にIFFT後の波形を表示することができます。波形は計測波形のみ、IFFT後の波形のみ、計測波形とIFFT後の両方の波形を表示できます。
データロギング機能
データロギング機能はPCのハードディスクにデータを記録するため、長時間・大容量のデータが記録可能です。ロギング時間の設定のほか、各種トリガ要因によるロギングの開始条件・停止条件を設定することができ、ロギングの開始・停止タイミングを、接点開閉やアラーム信号と同調させて使用することが可能です。
データロガー設定画面
▼データロガーメニュー
・ロギングパターン
データロギングの種類を選択します
・トリガ設定
データロギングのトリガ条件を選択します
・測定時間
測定時間を設定します
▼測定開始トリガ設定 測定停止トリガ設定
・トリガチャンネル
トリガとする波形のチャンネルを選択します
・トリガエッジ
トリガのエッジを選択します
・トリガレベル
トリガの閾値を設定します
・制限時間(測定開始トリガのみ)
トリガ待ち時間を設定します
データ解析ソフトウェア
 データ解析ソフトウェアは、DEBUGSCOPEの「データロギング機能」または「プリトリガ機能」でPCのハードディスクに取り込んだ波形データを再生します。データ解析ソフトウェアは、本体の接続に関係なくいつでも使用できます。
どんな設定でデータを記録したか分かる
再生・トリガコントロールパネル
データロギング機能を使って通信波形を確認する
 データロギング機能を使用すると、オシロスコープやプロトコルアナライザでは捉えにくい波形もパソコンに全て保存し、後から解析することができます。下図の例では、機器間の通信状態をデータロギング機能でパソコンに保存し、付属のデータ解析ソフトウェアを使い波形を解析します。トリガ検索機能を使い、通信の送受信の切り替わる瞬間の波形を確認します。
プリトリガ機能
 プリトリガ機能は、トリガ信号を基準に前後のデータを測定できる機能です。本体の内蔵メモリにデータを記録するため、「データロギング機能」よりも高速なデータロギングが可能です。測定開始後は、本体とPCを切り離すことができます。内蔵メモリへのデータ記録完了後は再度PCにUSB接続し、本体に記憶したデータをファイルに書き出すことができます。

[プリトリガ機能の特長]
●最大サンプリングレート2MS/s(2ch動作時)
●レコード長512kポイント(チャンネルあたり)
●オシロスコープと同様に、CH1、CH2、EXTのトリガ種類を選択できます。設定後、本体をパソコンから切り離せます。


内蔵メモリへ記録したデータは、測定完了後、再度PCとUSB接続し、データをファイルに書き出すことができます。
複数のデバッグスコープとプリトリガ機能で多点同時波形計測
 

不具合が発生している装置で原因となる箇所を特定目的でプリトリガ機能を使って測定する場合、プリトリガ機能は動作設定完了後に本体をPCから切り離すことができるため、装置内にDEBUGSCOPEを複数配置できます。

 下図の例では、不具合が発生している装置に搭載された3種類の基板に本機1~3をそれぞれ設置し、計6チャンネルのデータを計測しています。不具合発生の信号をDEBUGSCOPEの外部トリガに入力しておけば、トリガが入力されたときに3台同期して不具合前後の信号を測定することができます。右の結果は本機2のチャンネル1に不具合の要因となる波形が計測されています。プリトリガの計測状況は本体に搭載されたLEDでお知らせしており、点滅から点灯に変わると計測終了になります。

本体標準付属品・オプション品
本体標準付属品
ハードウェア仕様
基本構成・性能
チャンネル数 2チャンネル(対PCおよび対ACアダプタ絶縁)
入力設定 AC、DC
入力インピーダンス 1MΩ
入力許容電圧 ±10V
垂直軸レンジ 10mV/div~2V/div @ x 1 プローブ
100mV/div ~ 20V/div @ x 10 プローブ
1V/div~200V/div @ x 100 プローブ
DC確度 ±(3% + 5mV)
周波数特性

DC ~25MHz

データ分解能 8ビット
最大レコード長 オシロスコープモード:1024ポイント
プリトリガモード:512ポイント
最大サンプリングレート オシロスコープモード:100MS/s (2ch動作時)
データロガーモード:100kS/s (2ch動作時)
プリトリガモード:2MS/s (2ch動作時)
水平軸レンジ オシロスコープモード:500ns/div ~10s/div
データロガーモード:10us ~5s
プリトリガモード:5us/div ~ 10s/div
水平軸最大分解能 10ns
水平軸範囲 10div
表示ポイント数 500
ポジション最小移動単位 0.03125divs
トリガタイプ エッジトリガ
トリガモード オート・ノーマル・シングル
トリガポジション範囲 8div
自動測定 最大値、最小値、平均値、尖頭値、ピーク周波数/レベル
オートスケール周波数範囲 10Hzから15MHz (ノイズのない周期波形の場合のみ)
カーソル測定 時間・周波数差、電圧差自動測定
プローブ比設定 1:1、10:1、100:1
波形演算 FFT(スペクトル表示)
データ記録時間 最大24時間またはファイルサイズ2GBまで
動作環境条件 +5℃~+35℃、5%~85%(結露無きこと)
保存環境条件 -40℃~+70℃
外形寸法(WxHxD) 117.5mmx36.9mmx131mm
質量 約260g
アナログ信号入力 BNC×2
外部端子 全面:FUNCTION端子(EXTトリガ/CAL)
背面:USB(B)、FG端子、外部拡張コネクタ(モジュラジャック)
電源端子 DCジャック
PC動作環境
コンピュータ本体 Pentium Ⅲ 600MHz 以上
必要メモリ Windows2000:256MB
WindowsXP:512MB
WindowsVista:1024MB
HDD空き容量 2.1GB以上
対応OS Windows 2000 SP4以降
Windows XP(32bit) SP2以降
Windows Vista(32bit) Home Premium
その他 インストール時にCD-ROMドライブ使用、マウス、キーボード
ディスプレイ解像度:1027x768ピクセル以上
ディスプレイカラー:24ビット以上

ワイヤレスモーションアンプ

ワイヤレスモーションアンプとは、機器不具合の3大要素の一つである振動(加速度、角速度)を、ワイヤレスで計測・可視化するための計測ツールです。 3チャンネルのアナログ出力を搭載しており、ワイヤレス・センサモジュールから無線で取得した計測信号をアナログ信号で出力します。アナログ信号の入力が可能な計測器であれば、どんなものとでも組み合わせて使用できます。

用途に合わせてセンサモジュールを選択

センサモジュールは、3軸加速度センサ、微小振動の計測に有効な10ビット高分解能タイプ、 加速度と角速度が同時に検出できる6軸モーションセンサの3タイプ、計7種類を取り揃えています。
計測用途にあわせて、ご使用するセンサモジュールをお選びいただけます。
3軸加速度センサ 3軸加速度センサ
(10ビット高分解能タイプ)
6軸モーションセンサ
小型、軽量のワイヤレスモジュールで設置が簡単に

 センサモジュールは小型・軽量のBluetooth内蔵の無線通信機器になりますので、配線を気にせず、設置することが可能です。

お手持ちの計測器に接続して、出力波形をモニタリング 
 ワイヤレスモーションアンプは計測器に接続して、ご使用いただけます。
アナログ入力が可能な計測器であれば、何にでも接続することが可能です。
 ワイヤレスモーションアンプの出力アナログ信号は本体のMODEスイッチで設定することができます。
 また、ペアリングソフトウェアをお使いいただくと、最大6種類(加速度3軸、角速度3軸)の中から任意で3種類を選択して、設定することができます。
 ペアリングソフトウェア
ペアリングソフトウェアはワイヤレスモーションアンプ本体とパソコンをUSBケーブルで接続して、ご使用いただけます。 使用するセンサモジュールの登録(ペアリング)や出力アナログチャンネルの設定、計測値の簡易モニタリングが行えます。
本体外観
ワイヤレスモーションアンプ仕様
基本構成
型番 MSDB-AMP2-BT
電源電圧 5V±5%
消費電流 300mA (typ)
使用周囲温度 5~35℃
使用周囲湿度 5~85% (結露なきこと)
Bluetooth 認証 Bluetooth Ver.2.0 準拠
通信距離 最長10m
センサ信号出力 電圧範囲 -2~+2V
分解能 加速度:8ビット(MSDB-XYZ02A-BT使用時は10ビット)
角速度:12ビット
サンプリング周期 加速度:1msec(MSDB-XYZ02A-BT使用時は0.5msec)
角速度:2ms
通信機能 伝送方式 USB 2.0
出力信号切替(MODEスイッチ) 詳細は下表を参照
接続切替 0:自動接続   1~E :アドレス指定で接続
外形寸法 117.5(W)×36.9(H)×131(D)mm
重量 約180g

出力信号切替(MODEスイッチ)
MODE CH1 CH2 CH3
[Acc] 加速度(X) 加速度(Y) 加速度(Z)
[Gyro] 角速度(X) 角速度(Y) 角速度(Z)
[User]※1 ユーザ設定 ユーザ設定 ユーザ設定

PC動作環境
対応OS Microsoft Windows Vista (32bit/64bit)
Microsoft Windows 7 (32bit/64bit)
Microsoft Windows 8, 8.1 (32bit/64bit)
ディスプレイ 1024×768 16ビットカラー以上
通信インターフェイス USB 2.0